Chekipon BLOG  
ログイン

出会いのカタチ

(*^_^*)「どうも、こんにちわ。チョットここでお待ちくださいね。

      もう少しで、来られると思いますから・・。」



(*^_^*)「あっ!どうもこんにちわ。お待ちしてました・・・。

      あちらにおられるので、ご紹介しますからどうぞ・・・」



(*^_^*)「え~っと、こちらが〇〇さん(♂)です。

      そして、こちらが△△(♀)さんです。

      じゃぁ、どうぞ行ってらっしゃい!!」





この(*^_^*)の方・・年の頃は50代後半・・もしくは60代かも??

黒のパンツスーツをキリリと着こなし、手には何やらファイルを持っていた。



ここは、大阪のとあるホテルのロビー。



外国人観光客やロビーにある喫茶コーナーでお茶を飲むお客さん、

宿泊客に私のようなトイレだけを借りに来た通りすがりの人間でごった返す、

日曜日の昼下がりの会話の一部抜粋。



厳密に一語一句この通りではないにしろ、

その年配のパンツスーツの女性は、ファイルを手に

一組の男女を引き合わせ、見送っては・・また違う一組を引き合わせ見送り・・

を繰り返していた。



驚く事に、同じようなパンツスーツの女性が他にも7,8人。

皆、同様にファイルを持ち、そのファイルには顔写真付きの書類が挟んであるのが見えた。



始めはホテルの従業員が、お客さんに対応しているのかと思っていたが、

そうではなことは、次第にわかっていった・・・。





つまり、これは所謂ひとつの「お見合いの形」だった。



見知らぬ男女が、ホテルのロビーへ行き

仲介してくれる女性に紹介された人と、その日デートを楽しむ、という事。



バームクーヘン、人間観察する気分でしばらくその様子を見ていた。



“う~ん、あのカップルはなかなかいい感じに見えるな”



“チョット、あの二人はしっくりいってないなぁ~”



“あれは、女性がイマイチ嫌そうやなぁ~”



“メッチャ、緊張してるわぁ~あのカップル!!”



“初めて会った人と二人っきりで、どこへ行くの?”



とか・・・色々余計なお世話っぽい勝手な想像を膨らましていた。





♪               ♪               ♪              ♪



「婚活」という言葉は、誰もが知っている単語になった。



忙しい本人になりかわり、親同士が「婚活」してから、本人同士が会ったり、

インターネットの結婚相手を紹介する有料サイトや、

チョット、危なそうな出会い系サイトや

昔からある結婚相談所や

こういうブログや、友人の紹介や、会社の同僚や、学生時代の同級生や・・・

出会いのカタチは、昔に比べると多種多様になってきている。



先日のホテルのロビーでの風景も、その一端であることに違いない。



あの場所にいた男女は、皆、、

カタチはどうであれ「誰かと出会いたい!」と思っている、ということ。



自分に合う人と出会いたい、と思っているということ。



その基準は人それぞれだろうけれど、とにかく出会いたい!

という気持ちが、表れている。





♪                ♪               ♪               ♪



バームクーヘン、好きな言葉に「袖触れ合うも他生の縁」というのが、ある。

(意味は、リンク先を参照)



男女の出会いも、友人との出会いも、

嫌な人との出会いも、嫌いな人との出会いも

これ、すべて「他生の縁」で結ばれていて、

その中でも、伴侶や親兄弟はその縁が深い・・・らしい。



出会いたい!という熱い気持ちも、とても大切だと思うし

同時に、「他生の縁」という目に見えないモノも大事にしたい・・。



つまり、条件や外見やバックグランドだけで人を判断するのではなく

「縁」を感じるかどうか・・・五感と第六感の感じるまま、というか・・

とにかく、チョット、夢見る夢子的なロマンチックな気持ちも大事にしたい、

と、バームクーヘンは思っている。





さて、あのホテルのロビーで見たカップル、おそらく10組くらい。



その中に「他生の縁」で結ばれるカップルは一体どのくらい・・・いたんだろう???













一組でも多くのカップルが「他生の縁」で結ばれていますように・・・。


2010年05月31日23:29:17

Posted by バームクーヘン その他